スマホお役立ち情報 スマホ

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

2020年11月27日

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 13 も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

近年、防水機能付きのスマホが増加していますが、いくら防水であってもスマホが水に濡れてしまうと心配になってしまうものです。

この記事では、防水スマホケースの選び方とおすすめのスマホケースを5つご紹介します。自分の使用用途にあったケースを選び、大切なスマホを守って快適なスマホライフを送りましょう。

防水スマホケースの選び方

防水スマホケースとは、その名の通りスマホの中に水が入ってしまうのを防ぐケースです。

防水スマホケースは、日常のちょっとした雨やお風呂やキッチンでの軽い水しぶきから、海やプールといったレジャーまで、幅広いシーンで防水できるモデルが豊富に販売されています。ケースを装着した状態でも快適にタッチ操作や通話、写真撮影ができるモデルも多く、1つ持っていると便利なアイテムです。

以下では、スマホケースの選び方を以下の3つのポイントから見ていきます。

  • 防水レベル
  • ケースのタイプ
  • スマホの操作のしやすさ

防水レベルで選ぶ

防水性能にはIP規格という国際基準が設定されています。

製品に「IP68」と表示されている場合、1桁目の数字である6が防塵性能、2桁目の数字である8が防水性能を表しています。この2つの保護等級の組み合わせが大きいほど、保護性能が優れているということになります。

また、防塵防水のどちらかが対応してない場合には、保護等級が付いていない方が「X」と表示されます。例えば、防塵防水のどちらにも対応している場合には「IP68」と表示され、防水のみの対応だと「IPX8」と表示されます。

防水等級は全部で9等級あり、それぞれの階級がどれくらい防水できるかの目安は以下の表の通りです。

等級 保護の程度
IPX0 水の浸入に対して特には保護されていない
IPX1 垂直に落ちてくる水滴によって有害な影響を受けない
IPX2 垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IPX3 垂直より左右60°以内からの降雨によって有害な影響を受けない
IPX4 いかなる方向からの水の飛沫によっても有害な影響を受けない
IPX5 いかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX6 いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない
IPX7 水面下15㎝〜1mの水中に30分間沒しても水が浸入しない
IPX8 水面下での使用が可能

お風呂や釣り・ランニングで使う場合

お風呂で使用する際にはそこまで防水性は必要ありません。水滴や湿気を防ぐ目的なら、防水等級はIPX3~IPX4程度で十分です。

ただし、お風呂にスマホを落とすのが心配な人は、もう少し防水等級が高いものを選んだ方がいいかもしれません。

湯船に立てかけてスマホが見られる、スタンドなどのついている製品もおすすめです。

プールやアクティビティで使う場合

プールや川遊び、釣り、アウトドア、スキーなどで使う場合に必要な防水等級は、IPX5~IPX7程度です。濡れたり、少し水に浸かる程度ならこれで十分といえるでしょう。

ただし、IPX7でも、長時間水の中には入らない前提のため、もし長時間水に浸かる可能性がある場合には、必ずIPX8のものを使いましょう。

プールや川遊びで使う場合は、軽くて首から下げられるタイプのケースが、サーフィンやスキーなど体を動かす場合には腕につけることができるアームタイプのケースが便利です。また、水上アクティビティをする場合は、水の中に沈んでしまわないように、浮き輪がついているタイプもオススメです。

水中で使う場合

ダイビングや水中撮影をしたい場合には、防水性能最高ランクのIPX8が必須です。

手首につけるストラップや腕につけるアームタイプのアクセサリーがあると、ダイビングやシュノーケリングしている時でも使いやすいのでオススメです。

ケースのタイプで選ぶ

ケースは、主に「ハード」と「ソフト」の2つのタイプに分類されます。

ハードタイプは、一般的なスマホケースと同じようにスマホにフィットするタイプのケースです。ハードタイプはスマホのサイズに合わせて作られているため、かさばらずに持ち歩きやすいです。また、日常的にスマホに装着しておけるため、スマホが濡れてしまう機会が多い方にオススメできます。

防水機能だけでなく耐衝撃性や防塵性に優れたモデルも多く、アウトドアやスポーツにも適しているため、硬い岩場やプールサイドに落としてしまっても安心です。

ソフトタイプは、ビニールなどの柔らかい素材でスマホを包むタイプのケースです。ストラップ付きのものも多く、首から下げて使えるので便利です。スマホのサイズより余裕を持って大きめに作られているモデルが多いため着脱もしやすく、日常使いはもちろん、小銭やカードなどの貴重品をまとめて入れて海やプールなどのレジャーで使用するのもオススメです。

ハードタイプのようにスマホに密着するものではないので、幅広い機種に対応可能です。

スマホの操作のしやすさで選ぶ

操作性でケースを選ぶ場合は、スマホが濡れた状態でも液晶面をしっかりタッチできることが大切です。

防水ケースが分厚すぎると、液晶面のタッチ反応が鈍ったり、ボタンが押しにくかったりと、スムーズに操作できないことがあるので注意が必要です。

ケースによっては、ボタン部分に特殊素材を使っていたり、凹凸があって操作しやすくなっているものもあります。

写真撮影するなら透明度の高いものを

スマホ防水ケースを使う方の中には、水中や水辺でのアクティビティ中に写真や動画を撮影したいという方も多いのではないでしょうか。ケースに入れたままカメラ機能がしっかりと使えるかも確認しておきましょう。

ケース自体が曇っていると、曇りがかったような写真しか撮れなくなってしまうため、写真や動画を撮るなら透明度の高いケースを選ぶことが大切です。

ケース内でも顔認証(FACE ID)や指紋認証が使えるか

ケースがAppleの指紋認証機能であるTouch IDや顔認証のFace IDにも対応していると、ケースを付けたままロック解除も簡単に行えて便利です。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 13 も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

オススメの防水スマホケース5選

防水スマホケースの選び方を解説したところで、おすすめのケースを5つご紹介します。商品は次の通りです。

自分の使用用途に合わせて、最適な防水スマホケースを選びましょう。

①ホビナゲ:【防水レベル最高水準IPX8】スマホ防水ケース

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

画像引用元:ホビナゲ|【防水レベル最高水準IPX8】スマホ防水ケース

  • 海やプールなどアウトドアからお風呂やキッチンでの日常生活まで、あらゆる場面で使える
  • 両面クリアなタイプのため、カメラの位置等を気にせずにスムーズに写真や動画が撮れる
  • スマホと一緒にカードや紙幣も収納できる
  • カラバリが豊富で、8色から好きな色を選べる
ケースタイプ ソフトタイプ
対応機種 縦16cm×横8cm×厚さ1cm以下の全てのスマートフォン

iPhone 12・iPhone 11他、多機種対応

防水レベル IPX8

②YOSH:スマホ防水ケース 2枚セット IPX8認定

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

画像引用元:YOSH|スマホ防水ケース 2枚セット IPX8認定

  • 2つの防水スマホケースがセットになったお得なモデル
  • YouTube-EverythingAppleProというスマホ耐久テスト番組の防水部門でTop3にランキング
  • 水深約30mの環境でも30分間の防水が可能
  • iPhoneの顔認証にも対応
ケースタイプ ソフトタイプ
対応機種 7インチ以下のスマートフォン

iPhone 12・iPhone 11他、多機種対応

防水レベル IPX8

③Hamee:DIVAID patterns フローティング防水ケース

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

画像引用元:Hamee|DIVAID patterns フローティング防水ケース

  • 防塵防水共に最高ランクのIP68相当
  • 独自のフローティング構造で水に浮くので、海やプールでも安心
  • ケースに入れたままスマホでの写真撮影や通話が可能
  • オシャレなパターンデザイン
ケースタイプ ソフトタイプ
対応機種 縦16cm×横8cm以下のスマートフォン
防水レベル IP68

④aihua:潜水用 スマホ防水ケース 水深15m対応

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

画像引用元:aihua|潜水用 スマホ防水ケース 水深15m対応

  • 本格的なダイビングでも使えるフルボディ密閉設計
  • 潜水用の防水ケースは耐雪性、耐衝撃性、耐落下性にも優れており、あらゆる過酷な環境に適応
  • 深さ15mまでの水深に対応
  • 透過パネルは反射を抑えた作りとなっており写真撮影に最適
ケースタイプ ハードタイプ
対応機種 iPhone 11・iPhone 8他、多機種対応
防水レベル IPX8

⑤無印良品:スマートフォン用防水ケース

防水スマホケースの選び方を徹底解説!おすすめのケースもご紹介

画像引用元:無印良品|スマートフォン用防水ケース

  • ホワイトを基調としたシンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 伸縮性のある操作シートで、スマートフォンを固定しながら操作画面にぴったりとくっつく
  • お風呂やキッチンなど日常の中で濡れやすい場所での使用に最適
  • 濡れた手でも、操作シートの上からスマートフォンを操作可能
ケースタイプ ハードタイプ
対応機種 縦 13.7cm×横 7.1cm×厚さ 0.7~1.25cm以下のサイズ
防水レベル IPX7

防水スマホケースのまとめ

この記事では、防水スマホケースの選び方と、おすすめの防水スマホケースについて解説しました。

スマホを水に濡れやすい状況で使用する機会は意外と多いので、防水スマホケースを1つ持っていると便利です。自身の使用用途にあった製品を選びましょう。

スマホを防水スマホケースに入れることによって水没による故障は防げますが、スマホは日常のあらゆる場面で使うため、故障や画面割れ等の破損の心配は常につきまといます。justInCaseのスマホ保険なら月々200円代から加入できる上、スマホの画面割れや故障、水濡れのため故障したときの修理代や、盗難紛失まで幅広い補償が受けられます。また、契約期間内なら上限額まで何度でも修理が可能です。

スマホの故障が不安な方は、ぜひjustInCaseのスマホ保険への加入を検討してみてはいかがでしょうか。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 13 も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

よく読まれている記事

SIMフリーiPhoneをアップルストアで購入する前に知っておきたいこと 1

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 13 も対応! アプリで ...

no image 2

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 13 も対応! アプリで ...

no image 3

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 13 も対応! アプリで ...

no image 4

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 13 も対応! アプリで ...

5

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 13 も対応! アプリで ...

-スマホお役立ち情報, スマホ
-, , , , , ,

© 2020 justInCase