【徹底解説】スマホの動作が遅い?その原因と対策は?

【徹底解説】スマホの動作が遅い?その原因と対策は?

毎日使用することが多いスマホ。スケジュール管理、動画視聴、ゲームとさまざまなアプリを日々使用していて、「動作が遅くてまともに使えない」「何か動きがカクカクする」という悩みを抱えていませんか?スマホの動作が遅くなる原因にはいくつかありますが、対処の仕方によって解決する可能性があります。

今回は、スマホの動作が遅くなる原因とその対策について紹介します。スマホを快適に使いたいと思う方はぜひ参考にしてくださいね。

スマホの動作が遅くなるのはなぜ?5つの原因をチェック

スマホの動作が遅くなる原因は、主に5つあります。

①ストレージの容量不足

写真や動画、音楽などのデータを保存する場所であるストレージをまず確認してみてください。動画や高画質の写真をため込んでいると、いつの間にかストレージがいっぱいになっていた!ということもあるかと思います。

スマホ本体のストレージ容量の空きが少なくなると、動作が遅くなる原因になります。特にストレージの空き容量が1GBを切ったら対処しましょう。

 

ストレージ容量の確認方法

iPhone

  • 設定>一般>ストレージ の順にタップ

Android(例:galaxyシリーズの場合)

  • 設定>ストレージ の順にタップ

確認できる項目として、インストールされているアプリ名と、各アプリが消費しているストレージの容量などが表示されます。Androidの場合は、本体内部のストレージとSDカードの容量も表示されます。

②スマホのスペック不足

スマホのスペックが年々上がっていくと同時に、要求されるスペックも上がっています。最新のアプリをインストールした際、アプリを動作させるのに必要なスペックに対し、本体のスペックが追いつかず動作が遅くなることがあります。

③派手な演出のアプリ使用・アプリの開きすぎ

派手なアニメーションやグラフィックなどを多用するゲームなどが増えてきています。アプリはCPUという場所で処理するのですが、ゲームなどの派手な演出はCPUの処理に負荷がかかり、それが元でスマホの動作が遅くなっていきます。また、1つ1つの動作がそれほどCPUに負担をかけないアプリでも、多くのアプリを開いてもCPUに負担がかかり、結果的に動作が遅くなっていきます。

④通信環境の問題

通信環境が原因で、動作が遅くなっている場合があります。サイト閲覧時や、動画視聴時などに動作が遅いと感じられたら通信環境を確認してみてください。

Wi-Fi接続時は、画面上部の通知領域にWi-Fiマークが表示されているかを確認し、Wi-Fiマークが表示されていない場合は接続できていません。また、表示されていても、「×」や「!」が重なって表示されている場合はWi-Fiに障害が起きていて接続ができていない状態です。

【徹底解説】スマホの動作が遅い?その原因と対策は?

(Wi-Fiマーク)

Wi-Fiを使用していない場合は、キャリアの通信速度制限にひっかかっている可能性があります。キャリアや契約内容によって変わりますが、定められたデータ容量を超過して通信した場合、通信スピードが大幅に低下します。

端末から月のデータ使用量の確認を以下の操作で確認できます。

iPhone

  • 設定>モバイル通信 の順にタップ

Android(例:galaxyの場合)

  • 設定>接続>データ使用量>モバイルデータ使用量 の順にタップ

表示されるデータ使用量は目安なので、実際の使用量と若干異なります。また、iPhoneで毎月のデータ使用量を知りたい場合、月初めにデータ使用量のリセットをする必要があります。(Androidも機種によっては必要になります。)

⑤OSが更新されていない

スマホを動作させるためのOSは更新されていますか?スマホにはOS(オペレーティングシステム)と呼ばれる、スマホを制御するためのプログラムが入っています。iPhoneなら「ios」、Androidなら「Android os」と呼ばれるものです。

OSが更新されていない場合、動作が遅くなる可能性の他、3つほどリスクがあります。

  1. 不具合が発生しやすくなる。

    古いOSには、欠陥部分や脆弱性が潜んでいる場合があります。メーカーは、そのような不具合に対処するために、欠陥部分などを修正した最新版のOSを公開しています。OSが古いままだと、欠陥部分などがそのままなので不具合が発生しやすくなります。

  2. セキュリティが弱くなる

    不具合に関連して、「サイバー攻撃」対策のためにアップデートが必要です。古いOSでは、不正アクセスやウィルス感染の被害にあう可能性が高くなります。そのため、最新OSではセキュリティを高めるプログラムが搭載されています。

  3. 最新アプリが使えなくなる

    OS同様、スマホアプリも更新されています。最新のスマホアプリは、最新のOSで使用されることを前提にされているものもあり、古いOSでは使用ができなかったり、使用できても不安定になる可能性があります。

スマホ保険

スマホの動作が遅くなった時の対策

スマホの動作が遅くなると、デメリットは快適に使用できないだけではありません。処理に時間がかかるということは、それだけスマホ本体に負担をかけることになり寿命を縮めることにも繋がります。ここでは、スマホの動作が遅い場合に取れる対策を紹介します。

データを整理する

ストレージの中身を見てみると、思っている以上にデータがあります。昔に撮影した写真や動画、聞いていない音楽などは整理しましょう。いらないと思ったデータは削除したり、残しておきたいデータはパソコンや、AndroidであればSDカードに保存して残したり、GoogleドライブやiCloudなどのクラウドサービスを使う方法もあります。

データ削除で気をつけたいのは、端末によってはデータを削除しただけではゴミ箱に残ってしまうことです。一定期間後には完全に削除されますが、すぐに消したい場合はゴミ箱から削除する必要があります。

不要なアプリを削除する

写真や動画などと同様に、アプリもストレージを多く圧迫するものがあります。特にアプリは1つでかなり容量がありますので、不要と思ったら定期的に削除しましょう。また、アプリ自体がスマホの動作を遅くしている場合があります。特定のアプリを起動した際にスマホの動作が遅くなるなと感じたら、そのアプリを一度削除して様子を見てください。

アプリを終了させる

色々なアプリの開きすぎはスマホのCPUに負荷をかけます。アプリは使っていなくても、バックグラウンドで動いていれば負担になっていくので、使ってないアプリを1つ1つ終了させていけば動作改善につながります。

OSやアプリのアップデートをする

OSやアプリのバージョンも確認しておくとよいでしょう。アプリによっては、アップデートにより不具合が改善され動作が早くなることがあります。アプリを手動でアップデート設定している場合は、こまめにアップデートが来ていないか確認しましょう。

手動アップデート方法

  • iOS
    設定>一般>ソフトウェアアップデート の順にタップ
  • AndroidOS(例:galaxyの場合)設定>ソフトウェア更新>ダウンロードおよびインストール の順にタップ

最新のOSに更新されている場合はソフトウェアが最新であると表示され、古いバージョンの場合は今すぐインストールするか、都合のいい時間にOSをインストールできるよう予約ができます。

OS更新は重要なので、忘れないように自動アップデート設定をしておくのがおすすめです。

自動アップデート方法

  • iOS
    設定>一般>ソフトウェアアップデート>自動アップデート の順にタップ>iOS アップデートをダウンロード及びiOS アップデートをインストールをオンにする
  • AndroidOS(例:galaxyの場合)設定>ソフトウェア更新 の順にタップ>Wi-Fi接続時に自動ダウンロードをオンにする*

*galaxyの場合は、ソフトウェアは自動でダウンロードできますがインストールは手動で操作が必要です。

キャッシュの削除

スマホのブラウザには、閲覧したページの履歴がキャッシュという形で一時的に残っています。このキャッシュがたまると、スマホの動作に影響を与えていきますので、定期的に削除することをおすすめします。

キャッシュを削除すると、以前閲覧したページを再びみる場合多少以前より読み込みが遅くなりますが、Wi-Fi環境であればそれほど問題にはなりません。

キャッシュ削除する際の注意点ですが、キャッシュを削除すると自動保存されていたIDやパスワードが削除されたり、サイトのログイン状態が解除されたりすることがありますので、IDやパスワードをブラウザで管理している場合は再度IDとパスワード入力が必要になります。

主なスマホブラウザのキャッシュ削除方法

  • safari
    safari下部にある 📖をタップ> 🕘をタップ>消去をタップ
  • chrome
    右上の をタップ>[履歴] >[閲覧データを削除] をタップ>上記に期間が表示されるので、すべてのキャッシュを削除したい場合は全期間を選択>[Cookie とサイトデータ] と [キャッシュされた画像とファイル]のチェック項目をオンにする>データを消去をタップ

通信環境を確認する

動画視聴や、Web閲覧時にスマホの動作が遅いなと感じる時は通信環境を確認しましょう。Wi-Fi使用時は、まずWi-Fi機能がオンになっているかを確認します。

  • iPhone
    設定>Wi-Fi の順にタップ>Wi-Fiの項目がオフになっている場合はオンにする
  • android(galaxyの場合)
    設定>接続 の順にタップ>Wi-Fiの項目がオフになっている場合はオンにする

Wi-Fi機能がオンになっていてもつながらない場合、ルーターとの接続設定の確認や再起動などを行いましょう。

モバイル通信の上限が超えている場合は、Wi-Fi接続に切り替えたり、通信量の上限を一時的に増やすなどの対策をしましょう。

壁紙を変える

スマホの壁紙には、動く壁紙のように演出がある壁紙があります。見た目的にはよいのですが、スマホの動作には負荷がかかっています。動作が不安定な場合、動く壁紙をやめて静止画のものに変更してみましょう。

ウィルスに感染していないか確認する

ウィルスに感染していると、スマホの動作に影響を与える場合があります。普段からウィルスに感染しないように対策する必要がありますが、スマホ対策のソフトをバックグラウンドで動かすのにも負担がかかりますので、なるべくスマホの動作に影響を与えないものを選びましょう。

関連記事:あなたのスマホは大丈夫?スマホを守るウィルス対策無料アプリ紹介

スマホを再起動する

スマホの動作が遅かったり、調子がいまいちだと思った時は一度スマホを再起動すると動作が元に戻る場合があります。いろいろ試しても動作が遅い場合は、スマホを再起動してみるのも1つの方法です。

スマホを初期化する

いろいろな原因を探してもスマホの状態が戻らない場合、最終手段としてはスマホの初期化があります。スマホを初期化する場合、内部のデータも削除されますので必要なデータはバックアップを取っておきましょう。

スマホ初期化方法

  • iPhone
    設定>一般>転送または [デバイス] をリセット の順にタップ>Apple IDとパスコードを入力
  • android(galaxyの場合)
    設定>一般管理>リセット>工場出荷状態に初期化>リセット>全てを削除 の順にタップ

それでも直らない時は修理に

スマホの動作が遅い原因と対策について紹介させていただきました。毎日使うスマホだからこそ快適に使いたいですし、遅いまま使っているとスマホの寿命にも影響する場合があります。上記の対策を試してみてそれでも状況が改善しない場合はスマホを修理に出すことをおすすめします。

justInCaseスマホ保険では、画面割れ・スマホ内部の故障・水濡れ・盗難紛失の幅広い補償を備えています。また、スマホ保険に加入してから4ヶ月目以降は、平均で30%の割引が適用されるなど、お得に利用できます。スマホのさまざまなリスクに備えておくためにも、スマホ保険に加入してみてはいかがでしょうか。

 

検索