スマホお役立ち情報 スマホ

海外スマホを国内で使いたい!購入方法から注意点・金額まで徹底解説

海外スマホを国内で使いたい!購入方法から注意点・金額まで徹底解説
おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

日本では、日本国内で販売しているスマホしか使えないと思っていませんか?

実は、海外で購入したスマホ個人輸入したスマホでも、SIMカードを入れれば簡単に国内で使うことができます。海外スマホはすべてSIMフリーなので、格安SIMを使えば通信量を安く抑えられるという大きなメリットがあります。

この記事では、海外スマホのメリットや購入方法から、海外スマホを国内で使う場合の注意点などについてご紹介します。

また、普段使っているスマホを海外で使う方法についてもご紹介しているので、海外スマホを買いたい!という方や、いつものスマホを海外で使いたい!という方はぜひご参考にしてみてください。

海外スマホを購入するメリット4選

海外スマホを購入して日本で使うと、日本のキャリアのスマホにはないさまざまなメリットがあります。

今回は、海外スマホを日本で使うメリットを、わかりやすいものから意外なものまで4つご紹介します。

通信料金を抑えられる

個人輸入した海外スマホは、すべてSIMフリースマホとなっています。

通常au 、docomo、ソフトバンクなどの大手キャリアで購入したスマホはSIMロックがかかっており、自分でSIMロックを解除する手続きをしない限りは、スマホを購入した会社の回線以外は利用できません。

しかし、もともとSIMロックがかかっていないSIMフリースマホならば、どの通信業者のSIMカードでも通信できるため、いつでも自由に携帯会社の乗り換えが可能です。

そのため、格安SIMのような安い通信業者を選ぶことができ、毎月の通信料金を抑えることができます。

海外でも簡単にスマホが使える

SIMフリースマホならどの通信業者のSIMカードでも使えるため、海外で購入した海外の通信業者のSIMカードを使うこともできます。そのため、海外でも簡単にスマホを使えます。

大手キャリアで購入したスマホを海外で使うためには、海外に行く前にSIMロックを解除するか、ポケットWi-Fiをレンタルする、海外用のデータ定額プランに申し込むなどする必要があります。

しかし、海外スマホならSIMカードさえ購入すれば、海外でもいつも通り、すぐにスマホを使えます。

プリインストールアプリが少ない

海外スマホには、最初から入っているアプリ(プリインストールアプリ)が少ないです。

ホーム画面が非常にスッキリしていて、そのスマホ本来の状態で使用することができます。

日本のキャリアのスマホは、プリインストールされたアプリが多い上、普通には削除できないものもあるので、気になる方には海外スマホはオススメです。

日本未発売のモデルを購入できる

こちらが最も海外スマホらしいメリットかもしれません。

海外スマホを個人輸入すれば、国内で販売されていないスマホを購入することができます

海外スマホはとにかく機種が豊富なため、国内で販売されていないスマホの中には、日本のスマホよりもコスパが優れている製品もあります。そのため、高性能な端末を手ごろな価格で手に入れられる可能性があります。

また、同じiPhoneでも海外版と国内版ではシャッター音がならなかったりという違いがあります。

海外スマホを購入する方法

海外スマホのメリットがわかったところで、海外スマホを購入する方法についてご紹介していきます。

海外スマホを国内で購入するには、個人輸入する必要があります。

以下で海外スマホの個人輸入にかかる費用、個人輸入できるサイトをご紹介します。

スマホの個人輸入にかかる費用

海外スマホを個人輸入する場合にかかる費用は、以下の4点です。

  • 本体価格
  • 配送料
  • 輸入消費税
  • 為替変換手数料

つまり、スマホ本体の価格と送料の他に輸入消費税と為替変換手数料が別にかかります。

輸入消費税とは、海外から日本へ輸入する際に税関で課せられる消費税のことです。商品を個人輸入する場合の輸入消費税の支払い方法は、自宅に商品が届いた際に配送業者に現金で支払うか、後日コンビニ払いや振込みで支払うのが一般的です。

2021年4月現在、輸入消費税は10%となっており、国内でスマホを購入する場合と税率は変わりません。また、個人輸入であることが認められ、一般貨物または郵便小包を利用した場合で、課税価格の合計額が20万円以下の場合には簡易税率が適用され税率が低くなります。

為替変換手数料とは、はクレジットカード会社に外貨で請求が来た際に、それを日本円に変換する事務手数料としてクレジットカード会社に支払う費用のことです。もともと日本円で請求される場合は、為替変換手数はかかりません

為替変換手数料はクレジットカード会社によって異なりますが、1.60~1.63%であることが多いです。

スマホを個人輸入する場合は、本体価格と送料以外にもお金がかかるということを認識しておく必要があります。

海外スマホを購入できるサイト

海外スマホを個人輸入できるオススメのサイトを4つご紹介します。

1shopmobile

1shopmobileは、アメリカに本社がある通販サイトで、日本へは香港から発送しています。

ウェブサイト自体は英語ですが、サポートは日本語にも対応しています。

スマホの本体料金は他の通販サイトと比べて安いものの、支払い方法がAmazon Paymentsに限られています。そのため、購入する場合はクレジット情報を紐付けた米Amazon.comなど、海外アカウントが必須です。

初期不良の場合には、購入日から10日間以内に行わなくてはいけないので注意が必要です。

EXPANSYS

EXPANSYSは、 イギリスに本社がある通販サイトで、日本へは香港から発送しています。

ウェブサイトもサポートも日本語に対応しているため安心して使うことができます。

クレジットカードや代金引換、銀行振込など様々な決済手段が導入されています。

保証は1年間で、初期不良の交換は14日以内に申請が必要です。

Etoren

Etorenは、 香港に本社がある通販サイトです。

EXPANSYS同様、ウェブサイトもサポートも日本語に対応しており、クレジットカードや代金引換、銀行振込など様々な決済手段が導入されています。

保証期間は12か月で、最初から傷がついている場合には商品を受け取って24時間以内に連絡する必要があります。

海外版Amazon

世界各国のAmazonは、商品によっては日本にも配送してくれます。

Amazonが販売しているものであれば、購入してから受け取るまでの期間が短くて済みます。

Amazonならばスマホに初期不良があった場合にもしっかり対応してもらえるので安心です。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

海外スマホを購入する場合の注意点

では、実際に海外スマホを購入する場合の注意点についてご紹介します。

輸入消費税が発生してしまう

先ほどもご紹介しましたが、海外から個人輸入したスマホには輸入消費税が発生します。

そのため、海外の安いスマホを購入したつもりが、消費税を含めると思ったよりも料金が高くなってしまった、ということにならないように輸入消費税の存在を心に留めておく必要があります。

返品や修理の手続きが面倒

海外スマホであっても初期不良や保証期間中の故障の場合は返品・交換の対象となりますが、国内で手続きするよりも手間がかかるため、注意が必要です。

スマホは毎日使うものなので、修理に出している間手元にスマホがないと困ってしまいます。

技適マークがついているスマホを選ぶ

技適マークとは、日本国内で通信回線に接続するスマホが、定められた基準に適合していることを示すためのマークです。

海外スマホを購入する場合は、きちんと技適マークがついているかどうか確認してから購入するようにしましょう。技適マークのないスマホを国内で使うことは違法行為にあたり、懲役または罰金の対象となることがあります。

海外SIMを購入していつものスマホを海外で使うこともできる

いつも使っているスマホも、SIMロックを解除し、現地でSIMカードを購入すれば海外で使うことができます

詳しくは以下の記事でご紹介しているので参考にしてみてください。

関連記事:海外SIMカードのおすすめは?購入方法や使用時の注意点も解説!

海外スマホの購入まとめ

この記事では、主に以下の5点についてご紹介しました。

  • 海外スマホを使うメリット
  • 海外スマホを購入する方法
  • 海外スマホ購入時の注意点
  • 海外スマホを日本で使う方法
  • 普段のスマホを日本で使う方法

さまざまなメリットがある魅力的な海外スマホですが、個人輸入はすべて自己責任になるので、ご注意ください。

海外スマホを購入される方は、SIMフリー端末でも加入できるjustInCaseのスマホ保険への加入がオススメです。

保険対象端末に該当する端末であれば、購入した場所に関わらず保険対象になります。

破損や水濡れによる故障から盗難紛失まで、幅広く補償されます。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

よく読まれている記事

SIMフリーiPhoneをアップルストアで購入する前に知っておきたいこと 1

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

スマホのスピーカーの音割れは水濡れが原因かも?対処法をご紹介! 2

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

SIMカードはそのままで機種変更する方法~APNの設定手順とSIMフリースマホにおすすめの保険~ 3

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

【口コミあり】auからUQモバイルに乗り換えたら後悔する?主な後悔例を紹介! 4

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

5

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

-スマホお役立ち情報, スマホ
-, , , , , ,

© 2020 justInCase