スマホ iPhoneお役立ち情報

iPhoneは非正規の修理がバレたら保証が受けられなくなるって本当?

iPhoneは非正規の修理がバレたら保証が受けられなくなるって本当?
おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

いくら大切に使っていても、思わぬ事故やトラブルによりiPhoneが故障してしまったり、画面が割れてしまったりすることがあります。

壊れてしまったiPhoneを修理する場合の選択肢としては、非正規の修理店と正規サービスプロバイダの2つが挙げられます。

この記事では、以下の3点について解説していきます。

  • iPhoneを非正規の修理店で修理した場合バレてしまうのか
  • 非正規の修理店と正規サービスプロバイダの違い
  • 非正規の修理店で修理した場合でも、Appleの公式のサポートは受けられるのか

iPhoneを非正規の修理店で既に修理している方や、iPhoneが壊れてしまってこれから修理しようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

iPhoneを非正規店で修理した場合バレるの?

iPhoneを非正規の修理店で修理すると、その後は保証期間内であってもAppleの正規サービスプロバイダのサポートがうけられなくなると言われています。そもそも、非正規店で修理したことは、バレるのでしょうか。

詳しくは後述しますが、非正規店で修理した場合でも、修理箇所や端末の状態などが一定の条件を満たせば、保証期間内は引き続きAppleの公式のサポートを受けることができます

非正規店での修理は確実にバレる!

まず、非正規の修理店で修理したことがあるというのは、簡単にバレます。

なぜなら、正規サービスプロパイダのディスプレイやバッテリーなどにはApple社のマークがついているため、部品にマークがついていなかったら、非正規の修理店で修理交換したと簡単にわかるからです。

また、正規サービスプロパイダで修理や部品交換をしたことはすべて記録に残ります。そのため、1度も正規サービスプロパイダで修理や部品交換した記録がないiPhoneの留め具が外れていたり、ねじ止めがなされていなかった場合などは、一発で非正規の修理店で修理していたということがわかります。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

Apple製品の正規サービスプロバイダと非正規店の違い

次に、正規サービスプロバイダと非正規の修理店の違いについてご紹介していきます。

正規サービスプロバイダの特徴

正規サービスプロバイダの主な特徴は、以下の2つです。

AppleCare+ for iPhoneに加入していれば比較的安く修理できる

AppleCare+ for iPhoneとは、もともと全てのiPhoneについている製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートを、購入日から2年間に延長するサービスです。

AppleCare+ for iPhoneに加入していた場合のiPhone11の「画面割れの修理」と「その他の修理」の修理費用を、正規サービスプロバイダと、総務省登録修理業者であるアイサポとで比較した結果は以下の表の通りです。価格は税別です。

正規サービスプロバイダ アイサポ(新宿本店)
画面割れの修理 3,700円 24,800円
その他の修理 12,900 円 修理内容によって異なる

上の表からも、AppleCare+ for iPhoneの保証期間内だった場合は、正規サービスプロバイダの方がiPhoneの修理を安く行えることがわかります。

公式のマニュアルや純正品のパーツがAppleから提供されている

正規サービスプロバイダは、Appleから純正の部品、あるいは代替品が提供されているため、修理後のApple製品を安心して使えます。

また、Appleから公式の修理マニュアルを提供されているため、確実な故障診断や修理ができるというメリットもあります。

非正規の修理店の特徴

非正規の修理店の主な特徴は以下の4つです。

修理スピードが早い

正規サービスプロバイダでは、修理サービス利用時に予約が推奨されており、配送修理を選んだ場合は修理完了までに通常5~7営業日かかってしまいます。それに対して、非正規の修理店の場合は、簡単な修理は即日対応のケースが多く、予約の空き状況次第では飛び込みでも当日中に直してもらえます。

例として、アイサポの画面割れの修理にかかる時間は40分~となっています。

修理費用が安い

AppleCare+ for iPhoneに加入していなかった場合、 iPhoneの修理費用は高額な端末ほど高額になってしまいます。非正規の修理店は、正規サービスプロバイダと比較して修理費用が安いことも多いです。

AppleCare+ for iPhoneに加入していない場合のiPhone8の「画面割れの修理」と「その他の修理」の修理費用を、正規サービスプロバイダと、総務省登録修理業者であるアイサポとで比較した結果は、以下の表の通りです。価格は税別です。

正規サービスプロバイダ アイサポ(新宿本店)
画面割れの修理 21,800 円 6,980円
その他の修理 42,800 円 5,980円~9,980円

データを消さずに修理してもらえる

正規サービスプロバイダで修理した場合、修理ではなく本体交換が行われることも多いため、中のデータは消えてしまうことが多いです。その場合は自分でデータのバックアップを取っておかなくてはいけません。

しかし、非正規の修理店の場合は、部品交換修理で不具合のある部分だけを交換するため、保存されているデータを消さずに修理してもらうことも可能です。

修理後の品質が高くない可能性がある

非正規の修理店は、Appleから公式のマニュアルなどの提供を受けていないため、信頼性が高くないWeb上の情報や、業者の経験をもとに修理を行う可能性があります。

また、Appleから純正部品の提供を受けていないため、修理後の製品の質が高くない可能性も否定できません。

非正規の修理店で修理したことがあってもAppleの公式のサポートは受けられる?

非正規の修理店で修理した場合でも、以下の条件を満たせばAppleの公式のサポートを受けることができます

  • 交換されたパーツがディスプレイかバッテリーであること
  • AppleCare+ for iPhoneに入っていて、かつ、保証期間内であること
  • バッテリーの欠損および損傷などがなく、安全であると判断されること

非正規の修理店で修理した端末でこれらの条件を満たしていないときは、保証期間内だったとしても、保証対象外製品とみなされ、高い修理料金がかかるため注意が必要です。

なお、これら条件を満たしていても、社外製のディスプレイが搭載されている場合は、ディスプレイの修理の対象にはなりません。

また、社外製部品をApple純正部品に交換することで、再びAppleCare+ for iPhoneの保証対象製品に戻るのもポイントです。

まとめ

この記事では、以下の3点について解説しました。

  • iPhoneを非正規の修理店で修理した場合、バレてしまう
  • 非正規の修理店と正規サービスプロバイダの違い
  • 非正規の修理店で修理した場合でも、条件を満たせばAppleの公式のサポートは受けられる

justInCaseのスマホ保険は、月額200円代から加入できる上、契約期間内であれば上限額まで何度でも修理可能です。非正規の修理店で修理した場合でも加入できるjustInCaseのスマホ保険で、もしもの故障に備えておけば安心です。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

よく読まれている記事

no image 1

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

no image 2

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

no image 3

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

-スマホ, iPhoneお役立ち情報
-, , , , ,

© 2020 justInCase