iPhoneのバッテリーはいつ交換すればいい?交換方法や費用を解説!

iPhoneのバッテリーはいつ交換すればいい?交換方法や費用を解説!

iPhoneのバッテリーの持ちが悪くなったような気がするけど、いつどうやって交換したらいいの?と思いながらそのままにしている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、iPhoneのバッテリー交換の目安となる5つの症状や、バッテリーの状態を確認する方法、バッテリー交換にかかる費用などを詳しくご紹介していきます。

iPhoneのバッテリー交換の目安となる5つの症状

iPhoneのバッテリーはいつ交換すべきでしょうか?交換の目安となる5つの症状をご紹介します。

①電池残量がすぐになくなる

iPhoneの電池残量が短時間で100%の状態から10%程度に減少する場合は、バッテリーの劣化を疑いましょう。

②アプリが強制的に終了する

開いているアプリが強制的に終了する場合は、iPhoneのデータ処理を行うCPUにバッテリーから十分な電力が供給されていない可能性もあります。バッテリーが劣化すると、iPhoneに必要な量の電力を供給できません。

また、iPhoneのアプリやiOSが最新版にアップデートされていないときにもアプリが強制終了することがあるので、アプリやiOSのバージョンを確認してみましょう。

③電源が急に落ちる

アプリと同様、バッテリーから十分な電力が供給されていないとiPhoneの電源が急に落ちる場合があります。

④充電に長時間かかる

バッテリーの劣化により、iPhoneの充電に時間がかかったり、全く充電されない場合があります。また、純正以外の充電器を使うと充電に不具合が生じることがあるので、使用している充電器を確認してみましょう。

⑤スマホ本体が膨れ上がっている

バッテリーは劣化すると膨張することがあります。バッテリーが端末内部で膨張すると、液晶パネルを押し上げてしまい、画面が浮くことにつながります。

関連記事:スマホのバッテリー膨張を放置すると危険!原因や対処症をご紹介!

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法を、以下でご紹介します。

バッテリーの「最大容量」を設定から確認する

iPhoneのバッテリーの状態は、本体設定から確認できます。確認手順は、次の通りです。

  • 「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」

「バッテリーの状態」に進むと、「最大容量」が%で表示されます。この「最大容量」は、新品のiPhoneのバッテリーと比較した割合になります。数値が低いほど、1回の充電でiPhoneを使用できる時間が少なくなります。

バッテリーの最大容量が100%の場合

バッテリーの最大容量が100%で、電池残量の減りが早い場合は、以下のようなことが原因と考えられます。

  • バックグラウンドでアプリが稼働している
  • GPS機能がオンになっている
  • Wi-FiやBluetoothにずっと接続している

必要の無いアプリを止めたり、GPSやBluetoothなども使用していない場合はオフにすると電池の消耗を抑えることができます。

バッテリーの最大容量が大きく減っている場合

バッテリーの最大容量が80%を下回っている場合は、バッテリーが著しく劣化している可能性があります。Appleによると、iPhoneはフル充電サイクルを500回繰り返したときに、新品時と比較して最大容量80%を維持するように設計されていると発表しています。

バッテリーの「ピークパフォーマンス性能」を設定から確認する

iPhoneのバッテリーは、劣化すると電圧が不安定になりやすく、電池残量が十分にある状態でも電源が急に落ちてしまうということがあります。iPhoneの「ピークパフォーマンス性能」は、そのような症状を防いでくれます。ピークパフォーマンス性能の確認方法は、次の通りです。

  • 「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」

 

急なシャットダウン後、ピークパフォーマンス性能に

「このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため、

突然のシャットダウンが発生しました。この現象が再度発生しないように、パフォーマンス管理が適用されました。」

と表示された場合はバッテリーの劣化の可能性が高いので早急に交換を検討しましょう。

 

バッテリーをキャリブレーションする

そこまで長くバッテリーを使用していないのに、残量が減りが早いと感じた場合には「バッテリーキャリブレーション」を試してみるのも方法の一つです。

 

バッテリーキャリブレーションとは、端末が本来のバッテリー残量をうまく認識できずに本来のバッテリー残量と表示される残量の認識のズレを修正する方法です。

 

キャリブレーションの方法は

  1. バッテリーを0%まで使い切る。
  2. 3時間ほど放置する。
  3. 100%までバッテリーを充電する。(100%充電後もしばらくは充電しておく)

 

以上の操作で、バッテリーの本来の充電量を端末に認識させることができますが、バッテリーに負荷がかかりますので多用はしないようにしてください。

 

iPhoneのバッテリー交換の費用

iPhoneのバッテリー交換の費用は、以下の通りです。

 

iPhoneの機種名 Apple製品限定保証/AppleCare+保証対象 バッテリー交換価格
iPhone 14シリーズ 0円 14,900円
iPhone 13シリーズ

iPhone 12シリーズ

iPhone 11シリーズ

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

0円 9,800円
上記以外のモデル 0円 7,500円

(2022年9月22日時点 justInCase調べ)

参照元:iPhone のバッテリーと電源の修理

iPhoneがApple製品限定保証やAppleCare+ の保証対象である場合は、バッテリーの交換費用は無料になります。

iPhoneのバッテリー交換前にするべきこと

iPhoneのバッテリーの修理方法には、配送修理・持ち込み修理の2種類があります。まず、iPhoneのバッテリー交換前にするべきこととして、2つの修理方法に共通することはiPhoneのデータのバックアップをとることです。

iPhoneのデータのバックアップをする

iPhoneのバッテリー交換時に端末内のデータが消えてしまう可能性があるため、バッテリー交換前には必ず内部データのバックアップをとりましょう。iPhoneのデータは、iCloudiTunesのどちらかでバックアップをとれます。

iCloudでバックアップをとる

iCloudでバックアップをする手順は、以下の通りです。

  1. iPhoneをWi-Fiに接続する
  2. 「設定」>「ユーザ名」をタップ
  3. 「iCloud」>「iCloudバックアップ」>「今すぐバックアップを作成」で完了

iTunesでバックアップをとる

iTunesでバックアップをする手順は、以下の通りです。

  1. iPhoneをPCにUSBケーブル/USB-Cケーブル/WI-Fiでつなぐ
  2. PC側でiTunesを開き、画面の左上にあるデバイスボタンをクリックする
  3. 「概要」>「今すぐバックアップ」をクリックして完了
スマホ保険

iPhoneのバッテリー交換をする手順

iPhoneのバッテリーの交換手順を、配送修理と持ち込み修理に分けてご紹介します。

Appleリペアセンターへ配送修理の場合

Appleリペアセンターへ配送修理する手順は、以下の通りです。

  1. Appleサポートにアクセスする
  2. 「iPhone」>「バッテリーと充電」>「バッテリー交換」>「配送修理」を選択
  3. Apple IDでサインインする
  4. バッテリー交換をするiPhoneを選択する
  5. 修理済み製品の配送先を入力する
  6. 最終見積もりを確認し、支払い方法を選択する
  7. 最後に送信を押して完了

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込み修理の場合

Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込み修理する手順は、以下の通りです。持ち込み修理の場合は予約が必要になりますのでご注意ください。

  1. Appleサポートにアクセスする
  2. 「iPhone」>「バッテリーと充電」>「バッテリー交換」>「持ち込み修理」を選択
  3. Apple IDでサインインする
  4. 修理サービスを受けられる店舗を「場所の検索」で探す
  5. 店舗を選択する
  6. 来店日時を選択して予約が完了

Apple公式以外にもバッテリー交換ができる場所がある!

Apple公式以外にも、ドコモ・au・ソフトバンクのキャリアショップや、修理業者でiPhoneのバッテリー交換ができます。

ドコモ

ドコモでは、一部の店舗のみ、店頭にてiPhoneのバッテリー交換ができます。店舗は、DS丸の内店iPhone/iPadリペアコーナーiPhone/iPadリペアコーナー 名古屋のみです。

即日でバッテリー交換をしてくれますが、バッテリーの在庫がない場合は4〜7日程度かかります。

Apple製品限定保証やAppleCare+ for iPhoneの保証対象外の場合のドコモのバッテリー交換料金は、次の通りです。

 

iPhoneの機種 交換料金
iPhone 14シリーズ 14,900円
iPhone 13シリーズ

iPhone 12シリーズ

iPhone 11シリーズ

iPhone XR

iPhone XS Max

iPhone XS

iPhone X

9,801円
上記以外のモデル 7,500円

(2022年9月22日時点 justInCase調べ)

参照元:ドコモ|iPhoneリペアコーナー

au

auでは、一部の店舗のみ、店頭にてiPhoneのバッテリー交換ができます。店舗は、こちらで確認できます。

即日でバッテリー交換をしてくれますが、バッテリーの在庫がない場合は1週間前後かかります。

Apple製品限定保証やAppleCare+ for iPhoneの保証対象外の場合のauのバッテリー交換料金は、次の通りです。

iPhoneの機種 交換料金
iPhone X以降 12,320円
iPhone 5c〜iPhone 8 Plus

iPhone SE(第2世代)

9,460円

(2022年9月22日時点 justInCase調べ)

参照元:au|iPhone・iPad同日修理対応店・来店予約

ソフトバンク

ソフトバンクでは、一部の店舗のみ、店頭にてiPhoneのバッテリー交換ができます。店舗は、こちらで確認できます。

即日でバッテリー交換をしてくれますが、バッテリーの在庫がない場合は1週間前後かかります。

Apple製品限定保証やAppleCare+ for iPhoneの保証対象外の場合のソフトバンクのバッテリー交換料金は、次の通りです。

iPhoneの機種 交換料金
iPhone X以降 9,799円
iPhone 5c〜iPhone 8 Plus

iPhone SE(第2世代)

7,499円

(2022年9月22日時点 justInCase調べ)

参照元:ソフトバンク|iPhone/iPad 店頭修理サービス

修理業者

修理業者では、Appleやキャリアショップなどよりも、比較的安く早くバッテリー交換ができます。修理業者の一つとして、「iPhone修理工房」を以下でご紹介します。

iPhone修理工房では、iPhoneのバッテリー交換に最短5分で、保障がついていない状態でのキャリアのバッテリー交換費用と比べると比較的安価で、時間がなく節約したいという方におすすめです。また、バッテリー交換後のお客様満足度も高いので安心です。

 

iPhoneのバッテリー交換を自分で行う場合

iPhoneのバッテリーを自分で交換することも可能ですが、正規店での修理対象外になる可能性があることや、事故や故障につながる危険もあり、おすすめはできません。iPhoneのバッテリー交換を自分で行う場合の注意点を以下でご紹介していきます。

  • バッテリーを取り外すときにバッテリー内部でショートが起き、発火する可能性がある
  • 作業ミスによりiPhoneが故障する可能性がある

iPhoneのバッテリー交換まとめ

ここでは、iPhoneのバッテリー交換の目安になる5つの症状や、バッテリーの状態を確認する方法、バッテリー交換にかかる費用などを詳しくご紹介しました。

電池残量がすぐになくなったり、充電に長時間かかる場合はバッテリーが劣化しているかもしれません。バッテリーが劣化していると感じたら、本体設定からバッテリーの状態を確認してみましょう。

バッテリーを交換に出す前は、必ずバックアップを取るのを忘れないようにしましょう。自分でもバッテリー交換できますが、Appleやキャリアショップ、修理業者などに頼んだ方が安全に交換ができるのでおすすめです。

justInCaseのスマホ保険は、バッテリー交換を補償しませんが、iPhoneの画面割れなどの破損・スマホ内部の故障・突発的な水濡れ・盗難紛失を補償します。万が一のときのために加入しておくと安心です。ぜひ一度加入をご検討ください。

検索