スマホお役立ち情報 スマホ

eSIM対応のキャリアをご紹介!大手キャリアのeSIMへの対応状況とは?

2020年11月12日

eSIM対応のキャリアをご紹介!大手キャリアのeSIMへの対応状況とは?

最近では、スマホの乗り換えが簡単にできる「eSIM」という言葉を聞いて、興味を持った方もいると思います。

この記事では、eSIMのメリット・デメリットや対応している携帯会社をご紹介しています。

eSIMとは

eSIMとは、SIMカードのように物理的なSIMではなく、最初からスマホ内部にSIMの機能が組み込まれているものです。

eSIMが導入された経緯

2020年10月27日、総務省は、携帯電話料金の値下げにつなげるために、eSIMの普及を進めると発表しています。eSIMの普及によって、契約事業者の乗り換えが簡単になり、事業者間の競争が促進し、最終的に携帯電話料金の値下げにつながるという考えです。

eSIMのメリット

eSIMのメリットは以下の通りです。

SIMカードの購入が不要ですぐに使える

eSIMは、オンラインでお申し込み後、アプリやQRコードなどでeSIMのダウンロードをし、利用手続きをすることですぐに使えるようになります。オンラインや店頭などでSIMカードを購入してから、スマホ内部に差し込むという動作がなくなるので、利用開始までの時間を短縮できます。

スマホ1台で2つの用途に使い分けられる

eSIM対応のスマホは物理的なSIMカード用のスロットも付いており、eSIMとSIMカードの2つの回線を同時に使用できます。例えば、仕事の連絡はeSIMの回線を、プライベートの連絡はSIMカードの回線を使うなど、スマホ1台で2つの用途に使い分けることができます。

海外渡航時に現地でプリペイドSIMを購入する必要がなくなる

海外渡航時には、現地のキャリアの通信プランを契約して、プロファイルをダウンロードするのみで通信ができます。海外に慣れていない方には、海外でSIMカードを購入するだけでもひと苦労だと思いますが、eSIMの場合は、現在使用中のSIMカードを取り外すことなく、Wi-Fiがある環境下ならどこでも手続きが可能で、同時に2つの回線を利用することができます。

eSIMのデメリット

eSIMのデメリットは以下の通りです。

SIMロック解除が必要

eSIM対応機種でも、他社回線のeSIMを使う場合は、SIMカードと同様にSIMロック解除が必要になります。参考に、大手キャリアのSIMロック解除手数料は以下の通りです。

受付場所 ドコモ au ソフトバンク
Webページ 0円 0円 0円
店頭 3,000円 3,000円 3,000円

eSIM対応機種以外は使用不可

このようにメリットが多いeSIMではありますが、現時点ではeSIMを使用できるのは一部のeSIM対応機種のみで、まだ多くはありません。

今後の各社の動向が注目されてます。

eSIM対応のサービス数が少ない

2020年11月9日現在、日本国内では、まだeSIM対応のサービスはそれほど普及していません。

eSIM対応のサービスとして、IIJmioの「データプラン ゼロ(eSIM)」や、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT V」が挙げられます。

IIJmio

eSIM対応のキャリアをご紹介!大手キャリアのeSIMへの対応状況とは?

IIJmioは、eSIM対応のサービスとして、データ通信専用の「データプラン ゼロ(eSIM)」と「eSIMプラン(ベータ版)」を提供しています。以下で、両サービスの月額料金やデータ通信量についてご説明します。

データプラン ゼロ(eSIM) eSIMプラン(ベータ版)
初期費用 3,000円(ただし、2020年11月30日までは1円) 3,000円
月額料金 150円 1,520円
データ通信量 0GB 6GB
追加データ量 1GB:300円

2〜10GB:450円

100MB:200円

楽天モバイル


eSIM対応のキャリアをご紹介!大手キャリアのeSIMへの対応状況とは?

楽天モバイルは、eSIM対応のサービスとして、「Rakuten UN-LIMIT V」を提供しています。以下で、本サービスの月額料金やデータ通信量についてご説明します。

Rakuten UN-LIMIT V
初期費用 0円
月額料金 2,980円
データ通信量 楽天回線エリア:制限なし

パートナー回線エリア:5GB

通話料金 Rakuten Link:0円

通常の電話:20円/30秒

・2020年11月4日現在、楽天モバイルは、月額料金が1年間無料になる「Rakuten UN-LIMIT V プラン料金1年間無料キャンペーン」を実施しているので、Rakuten UN-LIMIT Vへの契約を考えている方は確認することをおすすめします。

eSIM対応のiPhoneは限られている

Apple公式サイトによると、iPhone XS・XS Max・XR以降のiPhone機種はeSIMに対応しているとのことです。具体的に、eSIMに対応しているiPhone機種は以下の通りです。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

大手キャリアのeSIMへの対応状況

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアのeSIMへの対応状況は、以下の通りです。

ドコモ

ドコモは「ドコモeSIMカード・eSIM」を提供しています。ドコモeSIMカード・eSIMの対応機種は、タブレット機種とキッズケータイのみで、スマホには対応していません。

ドコモeSIMカードの対応機種 ドコモeSIMの対応機種
  • dtab Compact d-01J
  • dtab d-01K
  • dtab Compact d-02K
  • キッズケータイ SH-03M

au

auは「海外データeSIM powered by GigSky」というプランを提供しています。本サービスは、2020年11月30日で終了するので、これから申し込む予定の方は注意しましょう。

ソフトバンク

ソフトバンクはauと同様に、eSIMに対応した機種を提供していません。

最後に

ここでは、eSIMのメリットデメリット、eSIMを導入している携帯会社についてご紹介しました。

楽天モバイルやIIJmioはeSIMの普及に積極的です。大手キャリアはまだeSIMに対応したサービスや対応機種などを多く提供していないので、今後の動向に注目しましょう。

justInCaseのスマホ保険は、楽天モバイルをはじめとする格安SIMキャリアのスマホでも加入可能です。楽天モバイルへ乗り換えるのを機会に、スマホ保険への加入をおすすめします。

スマホ保険

よく読まれている記事

SIMフリーiPhoneをアップルストアで購入する前に知っておきたいこと 1

数年前までは、iPhoneは大手キャリアからしか購入できませんでした。今ではいくつかの新品購入方法があり、中古やMVNO、SIMフリーで購入することもできます。 この記事では、iPhoneを買うにあた ...

スマホのスピーカーの音割れは水濡れが原因かも?対処法をご紹介! 2

スマホのスピーカーが音割れして困っていませんか?実は、スマホの設定を変えれば改善することがあります。 この記事では、スマホのスピーカーの音割れが起きる原因と、イヤホン接続時に音割れが起きる原因、スマホ ...

SIMカードはそのままで機種変更する方法 3

機種変更する際、SIMカードはそのままで機種変更が可能なのか疑問に思ったことはありませんか? この記事では、SIMカードはそのままで機種変更する方法と注意点を説明し、SIMフリースマホにおすすめのスマ ...

auからUQモバイルに乗り換えたら後悔する? 主な後悔例を紹介! 4

auからUQモバイルへ乗り換えを検討していて、乗り換えた時に後悔しないように注意点を知っておきたいという方は多いと思います。 この記事では、auからUQモバイルへ乗り換え時の後悔例を紹介していきます。 ...

5

画面割れは、スマホ利用にあたって一番多いアクシデントの1つです。情報流通支援サービスの株式会社オークネットが運営する、オークネット総合研究所が2017年実施した『携帯端末(電話)の修理に関するアンケー ...

-スマホお役立ち情報, スマホ
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 justInCase