スマホお役立ち情報 スマホ

IIJmioのeSIMをAndroidで設定する手順を徹底解説!

2020年11月17日

IIJmioのeSIMをAndroidで設定する手順を徹底解説!
おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

Android機種でeSIMを使いたいと考えている方はいませんか?

この記事では、eSIMのメリット・デメリットやeSIM対応機種、IIJmioのeSIMをAndroid(Google Pixel 4)で設定する手順を紹介していく。

eSIMとは

eSIMとは、「embedded(埋め込まれた)SIM」の略称で、SIMカードの機能があらかじめ端末本体に組み込まれているものを指します。eSIMは、物理SIMと違って、インターネット上でプロファイルをインストールすることで利用可能になります。

eSIMのメリット

eSIMのメリットは、次の通りです。

  • 自分の手で携帯電話情報を書き換えられる
  • 契約してすぐに使える
  • 海外ではSIMカードを購入する必要がない

以下で、詳しく説明していきます。

自分の手で携帯電話情報を書き換えられる

SIMカードの入れ替えをすることなく、端末内部に組み込まれているSIMを使って、キャリアが発行するQRコードを読み取ることにより、自ら携帯電話情報を書き換えられます。

契約してすぐに使える

eSIMは、Web上での手続きが完了したらすぐにデータ通信が可能になるので、すぐに使いたいという方には便利です。

海外ではSIMカードを購入する必要がない

日本出国前に、eSIM対応のサービスを提供している海外キャリアと契約をし、あらかじめ端末にeSIMを設定しておくと、海外現地に着いたらすぐにデータ通信ができるようになります。

海外渡航時には、現地でSIMカードを買う必要がなくなるため、渡航先でもスムーズにデータ通信が可能になります。

eSIMのデメリット

eSIMのデメリットは、eSIM対応のサービスを提供しているキャリアが少ないということです。

2020年11月現在、eSIM対応のサービスを提供しているキャリアは、楽天モバイルIIJmioのみになります。楽天モバイルのRakuten UN-LIMITは、データ通信・音声通話・SMS通信が可能で、IIJmioのデータプランゼロとeSIMプラン(ベータ版)ではデータ通信のみ可能です。

eSIMに対応しているスマホ

eSIM対応のスマホを、以下で紹介していきます。

eSIM対応のAndroid機種

eSIM対応のAndroid機種は、以下の通りです。

  • Google Pixel 4
  • Google Pixel 4 XL
  • Rakuten Mini

eSIM対応のiPhone機種

eSIM対応のiPhone機種は、以下の通りです。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Mini
おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

IIJmioのeSIMをAndroid(Google Pixel 4)で設定する手順

ここでは、AndroidでのeSIM設定の例として、Google Pixel 4での設定の手順をご紹介します。IIJmioのeSIMをAndroid(Google Pixel 4)で設定する手順は、次の通りです。

  • IIJmioの公式サイトから申し込む
  • AndroidでeSIMを有効化する
  • AndroidでeSIMと物理SIMをデュアルSIMで使う

以下で、詳しく説明していきます。

IIJmioの公式サイトから申し込む

IIJmioの公式サイトから申し込む手順は、以下の通りです。

  1. eSIMを利用しない端末やPCで、IIJmioの公式サイトの「SIM/eSIM」から「eSIM(データプランゼロ)」または「eSIM(ベータ版)」を選択し、申込手続きを進める
  2. 契約完了後、登録メールアドレスに、eSIMの利用を開始するためのサービスコードやアクティベーションコードのURLが記載されたメールが届くので確認する
  3. アクティベーションコードのURLを開き、サービスコードを選択し、「決定」をクリック
  4. QRコードが表示されれば完了

AndroidでeSIMを有効化する

IIJmioからQRコードが発行された後の、Android(Google Pixel 4)でeSIMを有効化する手順は、以下の通りです。

  1. 「設定」>「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」を選択する
  2. 「SIMカードをお持ちでない場合」>「次へ」を選択する
  3. 「ネットワークのQRコードをスキャン」でIIJmioのQRコードを読み取る
  4. 「IIJを使用しますか?」が表示されたら「有効化」をタップして完了

AndroidでeSIMと物理SIMをデュアルSIMで使う

デュアルSIMとは、1つの端末で2つのキャリア回線を使用する機能のことを指します。デュアルSIMを使えば、1つの端末で2つの電話番号を使い分けたり、データプランを使い分けたりという使い方ができます。

Android(Google Pixel 4)でeSIMと物理SIMをデュアルSIMで使う手順は、以下の通りです。

  1. eSIMを設定後に、端末に物理SIMを差し込むと「2枚のSIMを使用しますか?」と表示されるので「はい」を選択する
  2. 再起動をする
  3. 「設定」>「ネットワークとインターネット」を開くと、eSIMと物理SIMのキャリアが上部に表示される
  4. 使いたい方のキャリアを選択し、「モバイルデータ」をオンにして完了

最後に

ここでは、eSIMのメリット・デメリットやeSIM対応機種、IIJmioのeSIMをAndroid(Google Pixel 4)で設定する手順について紹介しました。

AndroidでeSIMを使う場合でも、justInCaseのスマホ保険には加入可能です。スマホ保険では、画面割れや故障、水濡れ、盗難紛失などの補償ができます。是非一度、加入を検討してみてください。

おトクなスマホ補償知ってますか?
画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK!
さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引!
iPhone 12も対応!

アプリで申込みOK!格安SIM乗り換えとセットで入ろうスマホ保険!

よく読まれている記事

no image 1

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

no image 2

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

no image 3

おトクなスマホ補償知ってますか? 画面割れ/故障/水濡れ/盗難紛失をカバー、さらに新品でも中古のスマホでもOK! さらに一定期間無事故で保険料が平均30%割引! iPhone 12も対応! アプリで申 ...

-スマホお役立ち情報, スマホ
-, , , , , ,

© 2020 justInCase