スマホお役立ち情報 スマホ保険

Androidユーザーにおすすめのスマートウォッチは?選び方のポイントも解説!

2021年8月25日

スマホ保険

今、スマートフォンと連動させて使うウェアラブル端末、スマートウォッチが注目を集めています。スマホに届くメッセージの通知の確認や、電子マネー決済健康管理などができるスマートウォッチですが、多くのメーカーが独自の商品を売り出しています。今回は、スマートウォッチの機能や、実際に購入する時の商品の選び方を解説するとともに、Androidユーザーにおすすめなスマートウォッチをご紹介します。

Androidでも使える「スマートウォッチ」とは

スマートウォッチは、スマホと連動させた後、腕に付けるだけでさまざまな機能を利用することができます。例えば、LINEの通知を確認するのに、わざわざスマホ本体をを取り出す必要がありません。以下で機能の詳細を解説していきます。

通知確認

スマホに届く着信やメッセージ、アプリからの通知を確認できるのは、スマートウォッチの最大の特徴と言えるでしょう。カバンの中にスマホをしまっていたとしても、スマートウォッチを腕に付けていれば、急ぎの連絡にもすぐに気づくことができます。また、中には、スマホにかかってきた電話にスマートウオッチから応答ができるハンズフリー機能がついたものや、受信メッセージに定型文で返信できる機能が付いたものもあります。

電子マネー決済

スマートウォッチには、電子マネー決済に対応しているものも多くあります。また、スマホアプリ「モバイルSuica」も同様に利用できるので、交通機関の運賃の支払いや、Suicaに対応している店での買い物も、スマートウォッチをかざすだけでできます。

健康管理

スマートウォッチは、装着するだけで心拍数歩数消費カロリーなどを計測するため、日常生活での健康管理をサポートします。ストレッチやウォーキングなどの軽い運動から、ランニングやサイクリングなどの本格的な運動まで、幅広いアクティビティを記録することができるため、運動のモチベーションや効率を上げるのに有効です。

音楽再生

スマートウォッチには、スマホ内の音楽を再生することができるものもあります。また、スマートウォッチ本体にストレージが内臓されていて、単体で音楽プレーヤーとして使用できるものもあります。

Android向けスマートウォッチの選び方

スマートウォッチは、さまざまなメーカーから発売されています。たくさんの種類の中から、自分に一番合ったものを選ぶにはどのようなポイントに着目すればよいのでしょうか?今回は、3つのポイントに絞って解説していきます。

スマホと同じモデルで選ぶ

普段自分が使っているスマホと同じモデルのものを選ぶというのが、スマートウォッチの選び方の一番重要なポイントになってきます。スマホとスマートウォッチのモデルを揃えることによって、通知確認や音楽再生などの、スマホと連動させて使う機能をスムーズに利用することができます。

デザインで選ぶ

スマートウォッチの機能面以外にも、外見のデザインで選ぶのもよいでしょう。自分の好みのデザインで選ぶのはもちろん、ビジネスシーンでの使用を考えている場合は、スーツや仕事場の雰囲気に合ったものを選んだり、アウトドアで使いたい場合は、カジュアルなデザインのものを選んだりすることもできます。

用途で選ぶ

自分がどのような目的でスマートウォッチを使いたいのかという視点から選んでみるのも一つのポイントです。ビジネス利用の方には、SNSの送受信機能の他に、タスク管理やスケジュール管理の機能が付いているものがおすすめです。運動をする時に利用したい方には、ランニングやサイクリングの記録を管理できるGPS機能付きのものがおすすめです。

スマホ保険

Androidユーザー必見!おすすめのスマートウォッチ5選

ここからは、Androidユーザーにおすすめなスマートウォッチを5つ紹介していきます。

Fitbit Sense(Fitbit)

画像引用元:Fitbit|Fitbit Sense

Fitbit Senseは、心身の状態を測定するセンサーが搭載されたスマートウォッチです。心拍数や睡眠の質など、フィジカル面とメンタル面の両方から体の状態管理をサポートしてくれるので、健康に気をつかっている方におすすめのスマートウォッチです。また、バッテリーは、6日以上持つロングバッテリーを搭載しています。価格は、Fitbit公式で、34,990円(税込)です。

WATCH GT2(HUAWEI)

画像引用元:ビックカメラ.com|WATCHGT246MMBR

HUAWEI独自の省電力技術を駆使したWATCH GT2は、最長2週間連続で使用することができるスマートウォッチです。デザインは、高級感漂うクラシカルな作りになっており、機能としては、Bluetooth接続での通話や最大500曲の音楽保存が可能です。また、カバーガラスには3Dガラススクリーンが使われているため、防水防塵もしっかりしています。

・価格は、HUAWEIストアで、31,680円(税込)です。

エコ・ドライブ(シチズン)

画像引用元:シチズン|BZ1034-52E

時計メーカーのシチズンが開発したエコ・ドライブは、メッセージの通知や着信を振動で知らせてくれます。また、針の動きと音で、重要な相手からの連絡を通知するフィルタリング機能も搭載しています。充電は太陽光ですることができるため、フル充電で最大1年半ほどの連続使用が可能です。さらに、スマホから時計の表示時刻を世界316都市のものに変更することができるので、海外へ頻繁に訪れる方におすすめの商品となっています。価格は、シチズンストアで、110,000円(税込)です。

FTW4025(FOSSIL)

画像引用元:FOSSIL|THE CARLYLE HR

44mmの大きなスクリーンが特徴のFTW4025は、健康管理アプリ「Google Fit」と連動させて歩数や消費カロリーを表示できたり、「Google play」の音楽を再生できたりと、Androidユーザーにとってメリットの多いスマートウォッチです。Androidのスマホ本体と自動で同期するため、よりスムーズに使用することができます。価格は、FOSSIL公式で、38,500円(税込)です。

Galaxy Watch3(サムスン)

画像引用元:ビックカメラ.com|SM-R850NZDAXJP スマートウォッチ Galaxy Watch3

Galaxyシリーズ初のチタン素材モデルであるGalaxy Watch3は、従来のモデルから15%軽量化され、ディスプレイも大型化されました。心拍数測定は、120種類以上の自宅でできるトレーニングプログラムにも対応しており、睡眠の質向上のためのトラッキングも行うことができます。また、利用者の転倒を自動検知し、緊急連絡先に情報を送信する機能も搭載しています。価格は、アマゾンで、29,977円(税込)です。

Androidユーザー向けスマートウォッチまとめ

この記事では、スマートウォッチの機能や購入時の選び方、Androidユーザーにおすすめのスマートウォッチ5選をご紹介しました。今回ご紹介したもの以外にも、多くのスマートウォッチが販売されているので、この記事を参考にしながら、自分のニーズに合ったものを探してみてください。そして、スマートウォッチを使用する上で欠かせないスマホ本体をトラブルから守るために、スマホ保険に加入してみてはいかがでしょうか。この保険は、お使いのスマホが水没してしまった時の修理費や、紛失時の再購入費を補償する保険です。Android端末はもちろん、中古スマホやSIMフリースマホにも対応しており、保険ご利用から4ヶ月目以降、保険料の約30%が割引かれるお得なシステムもあります。お申し込みはアプリから簡単にできるので、ぜひ一度、ご検討ください。

スマホ保険

よく読まれている記事

SIMフリーiPhoneをアップルストアで購入する前に知っておきたいこと 1

数年前までは、iPhoneは大手キャリアからしか購入できませんでした。今ではいくつかの新品購入方法があり、中古やMVNO、SIMフリーで購入することもできます。 この記事では、iPhoneを買うにあた ...

スマホのスピーカーの音割れは水濡れが原因かも?対処法をご紹介! 2

スマホのスピーカーが音割れして困っていませんか?実は、スマホの設定を変えれば改善することがあります。 この記事では、スマホのスピーカーの音割れが起きる原因と、イヤホン接続時に音割れが起きる原因、スマホ ...

SIMカードはそのままで機種変更する方法 3

機種変更する際、SIMカードはそのままで機種変更が可能なのか疑問に思ったことはありませんか? この記事では、SIMカードはそのままで機種変更する方法と注意点を説明し、SIMフリースマホにおすすめのスマ ...

auからUQモバイルに乗り換えたら後悔する? 主な後悔例を紹介! 4

auからUQモバイルへ乗り換えを検討していて、乗り換えた時に後悔しないように注意点を知っておきたいという方は多いと思います。 この記事では、auからUQモバイルへ乗り換え時の後悔例を紹介していきます。 ...

5

画面割れは、スマホ利用にあたって一番多いアクシデントの1つです。情報流通支援サービスの株式会社オークネットが運営する、オークネット総合研究所が2017年実施した『携帯端末(電話)の修理に関するアンケー ...

-スマホお役立ち情報, スマホ保険
-,

© 2020 justInCase